ホーム » 未分類 » 同じ会社で長く働き続けるのがいいのでしょうか

同じ会社で長く働き続けるのがいいのでしょうか

大学を卒業して新卒で入社した会社に長く勤めているという方は多いと思います。日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。日本企業のほとんどは、採用した人を解雇せず、その人が定年になって身をひくまでは雇い続けるという仕組みになっています。けれども、終身雇用制をとらない企業もふえており、日本人の働き方は個々人の価値観によって変化しています。最近では、働き方に対する価値観が変わってきたこともあり、一生を今の会社に捧げるのではなく、別の会社に転職したいと思う人も多くなっています。特に30歳くらいの年齢になると転職を考える方が増えてきます。今の日本社会では30歳前後で転職をする方が多いそうです。なぜ転職するのかというと、それまでの経験を活かしてよりキャリアアップをするためには、30歳前後がちょうど良い時期だからです。今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。継続して同じ業種についていれば、次の職場でも十分に役に立てるぐらいの知識や実績が持てているでしょう。今の実績やスキルを活かし、10年後、20年後に伸びる会社に移っておきたい人、待遇をよくしたい人もいます。若いうちは転職が可能でも、年齢を重ねてからでは転職先が見つからないこともありますので、若さをウリにできるうちに転職をしたいという人もいます。転職をする場合は、若いほど有利になる傾向があるので、30歳前後というのは会社を変える時期としては適している年齢なのでしょう。
こちらもどうぞ⇒保育士の求人 船橋市